ケースベールリムーバー デリケートゾーン

デリケートゾーンにも手軽に使えるケースベールリムーバー?!

え、ケースベールリムーバーはデリケートゾーンにも手軽に使える?!

 

女性がもつ悩みの一つがムダ毛。
薄着になる季節がやって来る前になんとかケアしたいものですよね。

 

そこで今回は、自宅で簡単に安心してムダ毛ケアができる「ケースベールリムーバー」をご紹介したいと思います。

 

>> ケースベールリムーバーの詳細はこちら

 

 

デリケートゾーンにも使えるの?

ケースベールリムーバーは気になる部分に塗って拭き取るだけの簡単除毛クリームなのです。

 

肌に負担になる成分を使用していないので誰もが気になるデリケートゾーンにまで安心して使用できる優れものなのです。

 

 

ケースベールリムーバーに使用されている成分は、天然由来の「サクラ葉抽出液」や「ダイズエキス」「グリチルリチン酸2K」、美肌成分でアロエを主成分とした「バイオアンテージ」、保湿クリームなどに広く使用される「尿素」など肌に負担になる成分はなく安心して使用できるクリームなのです。

 

 

これまで色々な除毛クリームを使用し肌が荒れたという方や効果を実感できなかったという方に是非お試しいただきたい除毛クリームです。
カミソリなどでの自己処理では行き届かないデリケートゾーンのケアもクリームなら簡単ですよね。

 

さらにカミソリなどの自己処理は色素沈着など黒ずみの原因にもなるので、クリームで将来の肌のためにもケースベールリムーバーおススメです。
彼とのお泊まりや水着になる季節の憂鬱にはもうサヨナラしませんか?

 

自宅で簡単にできる塗って拭き取るだけのムダ毛ケアで、気になるデリケートゾーンをはじめ全身つるるん肌をあなたの肌に手に入れましょう!

 

【あなたにおすすめ】ケースベールリムーバーのVIOへの使い方は?

 

 

ケースベールリムーバーが使用できるVIOって?

女性のムダ毛が気になる部分である「デリケートゾーン」に生えている毛をより詳しく言うと「VIO」と総称します。
それぞれ「Vライン」「I ライン」「Oライン」と分けられ、Vラインは正面から見える毛のことで、Iラインは股の間の性器周りの毛、Oラインは肛門周りの毛のことを言います。
つまり、女性ならば人目にさらさずにムダ毛を処理しキレイな状態を保ちたい部分ですよね。

 

最近では、脱毛サロンでもVIOの脱毛を希望される女性も多くムダ毛ケアの必須箇所とも言えます。
とはいえ、脱毛サロンでのVIO脱毛は恥ずかしいと思う女性や痛みを伴うリスクを考えなかなか申し込めないという意見もあります。
そういった女性におススメなのが「ケースベールリムーバー」なのです。

 

ケースベールリムーバーは自宅で手軽にできる除毛クリームなので、人目にさらすことなく、痛みもなくVIOのムダ毛もケアできるというわけです。
デリケートゾーン・VIOのムダ毛ケアは毛のはみ出しなどの見た目の問題だけでなく、蒸れや臭いの解消にも?がります。

 

最近では、VIO脱毛をした状態を「ハイジニーナ」と呼び、英語で「衛生」を意味する「Hygiene」(ハイジーン)を元にした造語までも存在するほどです。

 

気になるけどどうして良いか分からない女性にケースベールリムーバーでのムダ毛ケア、本当におススメです。

 

 

ケースベールリムーバーは顔のひげにも使えるの?

女性のムダ毛で気になる部分と言えば顔の口周りの「ひげ」という女性も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
特に顔のひげは女性の印象を大きく左右します。

 

どれだけキレイにメイクされていても口周りにうっすらひげが見えていると残念な気持ちになりますよね。身だしなみだけでなく細かなことへ気が配れないという印象を与えてしまいます。

 

そして、つるるん肌を手に入れられると話題のケースベールリムーバーですが、実は顔への使用はおススメできません。
公式サイトの「ご使用上の注意」でも「顔」への使用は控えるように記載されています。
人に一番に見られる顔なので使用方法を誤って肌トラブルを招くことがないように注意書きの通り顔への使用は控えるようにしましょう。

 

どうしても顔の産毛やひげのムダ毛をケアしたいという女性は、顔専用のムダ毛ケアクリームを探してみることをおススメします。

 

カミソリやシェーバーでの自己処理は他の部位同様色素沈着を招く上、毛穴を目立たせてしまうこともあります。
さらにすぐに生えてきてしまうので、繰り返しのケアが面倒な上肌をその分傷つけてしまいます。

 

是非、この機会に顔専用のムダ毛ケア方法を調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

気になるケースベールリムーバーの使い方とは?

さて、気になるケースベールリムーバーの使い方ですがとっても簡単です。
@たっぷりクリームを塗る
気になるムダ毛の部分にケースベールリムーバーをたっぷりとムラ無く塗りましょう。毛が隠れる程度に塗ることでキレイに除毛できます。
クリームを塗った後は手をよく洗うことも忘れないようにしましょう。

 

A5分から10分ほど待つ
クリームを気になる部分にムラなく塗ったら5分から10分待ちましょう。
この際、ムダ毛が濃い部分は長めに放置することがポイントです。

 

B拭き取って流す
5分から10分放置した後にタオルやティッシュでクリームを拭き取り、ぬるま湯でよく洗い流しましょう。

 

以上がケースベールリムーバーの使い方ですが、購入後すぐに気になる部分のムダ毛ケアとしてたっぷり塗って使用しないように気を付けましょう。

 

というのもどれだけ肌にやさしい成分でできたクリームでも肌に合わないという女性もいらっしゃいます。

 

大切な肌にトラブルを招かないためにも、使用前に少量で肌テストを行いようにしましょう。赤みやかゆみなどの刺激がないかを十分に確認した上で、気になるムダ毛ケアを行いましょう。
もし、何か刺激を感じた場合にはすぐに使用を中止し水かぬるま湯で洗い流すようにしましょうね。

 

 

ケースベールリムーバーって危険なの?

インターネットなどでケースベールリムーバーを調べていると「悪い口コミ」「効果なし」「危険」などの記載が見られます。

 

「悪い口コミ」や「効果なし」という口コミの背景には使用期間が大きく関わっているように思います。

 

一度でもっと効果があると思われている方にとっては効果が期待以下と感じられるようですが、ムダ毛などの毛は質や量など個人差があります。
毛の生え換わりのサイクルも異なるので、まずは続けることがムダ毛をケアする効果的な方法だと言えるでしょう。

 

そして「危険」という点で言えば、前述した通り成分を見ても肌に危険な成分などは配合されていない上、一般的な除毛・脱毛クリームと比較すると肌荒れの心配は低いと言えるでしょう。

 

ただし、成分に含まれる「チオグリコール酸カルシウム」と言う、毛を構成しているケラチンたんぱく質に働きかけ分解する性質がある成分は人によってはヒリヒリしてしまうことがあります。
その点から言うと一度でしっかり脱毛したいからと肌に長時間放置したり、頻繁な使用は避けるべきと言えるでしょう。

 

ケースベールリムーバーは、保湿成分などが配合されている点から言うと比較的肌にダメージが少なく除毛できるクリームなのですが、現代は良い噂も悪い噂もすぐに調べられる時代。

 

インターネットでの情報に惑わされず、気になる点がある際は販売元に問い合わせてみましょう。
ご自身の肌に直接使用するものです。納得してから購入・使用するようにしましょう。

 

>> ケースベールリムーバーの詳細はこちら

更新履歴